サーマルジョイントは高熱伝導金属酸化物を含んだグリース状シリコーンオイルコンパウンドで、熱伝導に大変すぐれております。
ヒートパイプを使用する上で問題となるのは、取付ける部材との接触熱抵抗です。取付ける部材との伝熱をよくする事により、ヒートパイプの均熱効果を十分に発揮する事ができます。


サーマルジョイントを十分に塗布した場合とそうでない場合では、 ヒートパイプが与える均熱の効果は大きく異なりますのでご注意下さい。

タイプ
Aタイプ
Cタイプ
最適使用温度 -50℃〜+200℃ -50℃〜+450℃(*1)
外観 ホワイト・グリース状 ダークブラウン・グリース状
比重 2.45 3.18
熱伝導率(w/m°K) 0.64 1.35(*2)

*1 バインダーであるシリコーンオイルの発火点は450℃です。サーマルジョイントCタイプは高温での使用を念頭に開発しましたが、目的はヒートパイプとヒートパイプを挿入する穴との隙間を埋める為です。したがって少量の使用である事から相当高温まで使用可能と推測しております。
*2 使用温度が200℃を超えると性能が徐々に劣化します。シリコーンオイルが分解する為です。
したがって、高温で長期間使用しますとヒートパイプが抜けなくなる事がございます。

・荷姿 : 100g入り(樹脂ケース) , 1kg入り(金属缶)
・保管方法 :直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所にて保管して下さい。
・消防法危険物 :非危険物。指定可燃物の合成樹脂類に該当。


    ▲ページ上部へ
    Copyright (C) 2009 Kataoka Senzai Corporation. All Rights Reserved.