・作動原理と構造
・ウィックについて 
・種類と温度領域表
・ヒートパイプの外観形状
・取扱いのご注意
・熱輸送量
・ヒートパイプの歴史
 


   

ヒートパイプの作動液が水の場合、容器内の圧力は使用温度の水蒸気圧になります。
水蒸気の臨界圧力は、225kgf/cm2 at 374℃と極めて高圧危険です。
このため、銅-水型ヒートパイプの
最高使用温度は200℃と定められています。
片岡線材では200℃以上での用途のため、特殊銅合金及び鉄パイプで容器強度を高めた高温用ヒートパイプを開発しました。最高使用温度は310℃です。それ以上の場合にはステンレス-ナフタリン型ヒートパイプをご使用ください。


KN1型・鉄水型ヒートパイプの取扱説明
安全のため、必ず最高使用温度以下でご使用ください。
温度管理が出来ない場合は、ヒートパイプのご使用はご遠慮ください。


    ▲ページ上部へ
    Copyright (C) 2009 Kataoka Senzai Corporation. All Rights Reserved.