片岡線材株式会社
ヒートパイプ在庫表
ヒートパイプ

・作動原理と構造
・ウィックについて 
・種類と温度領域表
・ヒートパイプの外観形状
・取扱いのご注意
・熱輸送量
・ヒートパイプの歴史
 

均熱技術
サーマルジョイント


   


虫めがね下の表を拡大表示する



*1 400℃からナフタリンの分解が進みます。
*2 内部にてガス発生することにより性能が劣化しますので、1年間で交換してください。
*3 最高使用温度は310℃。取扱注意。事前に技術的な打ち合わせをさせて頂きます。φ6mm, φ8mmのみ。
*4 一般的なヒートパイプの最高使用温度は200℃まで。
*5 銅-水タイプとの混同にご注意下さい。


[作動液の蒸発潜熱について]
水=539.5(cal/g)、エタノール=262.8(cal/g)、ナフタレン=79.9(cal/g)

    ▲ページ上部へ
    Copyright (C) 2009 Kataoka Senzai Corporation. All Rights Reserved.