熱源(カートリッジヒーター等)には、必ず温度のバラツキが生じます。
しかし、ヒートパイプを使用することにより、この問題は即座に解決します。

■シール用ブロックへの使用
ヒートパイプ未使用 ヒートパイプ使用
 
■熱板、金型への使用
ヒートパイプ未使用 ヒートパイプ使用

温度のバラツキにお困りの際は是非ヒートパイプのご利用をご検討下さい。
ヒートパイプの種類選定から配置案まで、ヒートパイプについてトータルにご提案をさせていただきます。


金型の製作
ヒートパイプを挿入するための穴あけ加工(ガンドリル)をはじめ、金型(部品)の製作において多くの実績がございます。

■加工品目
  • 均熱用金型、均熱板、熱板、冷却板
  • シールブロック、シールバー、シーラー、ヒートブロック、ヒーターバー
  • エンドブロック、シールヒーター、ヒーター歯、シールダイ、シールジョー
  • 溶断カッター、溶断刃、熱刃、カット刃
  • シール軸、ダイロール

■加工設備

  • ガンドリルマシン L=2000mmまで(※加工径によります)
  • マシニングセンター
  • NC横フライス
  • NC縦フライス
  • NC研削盤
  • 旋盤、ラジアルボール盤、他

1点よりお見積りさせていただきます。




ドリル径 ドリル径

ドリル径

ドリル径 ドリル径

3.0
3.2
3.5
4.0
4.1
4.3
4.5
4.8
5.0
5.2
5.5
6.0
6.1
6.2
6.3
6.45
6.5

 

6.53
6.8
7.0
7.1
7.9
8.0
8.1
8.2
8.3
8.5
9.0
9.1
9.5
9.6
10.0
10.1
10.2
10.3
10.5
11.0
11.5
12.0
12.1
12.3
12.5
12.8
13.0
13.5
14.0
14.0
14.1
15.0
15.1
15.5
16.0
16.1
16.3
16.5
17.0
17.5
18.0
18.3
18.5
19.0
20.0
20.1
20.4
21.0
22.0
22.1
22.4

23.0
23.5
24.0
25.0
26.0
27.0
28.0
29.0
30.0
31.0
32.0
32.1
32.3



    ▲ページ上部へ
    Copyright (C) 2009 Kataoka Senzai Corporation. All Rights Reserved.